書き出したら止まらない

3人で運営するサブカル系雑記ブログです。お気に入りの本や漫画をここで見つけてみてください。

【アーサー王伝説】物語を彩る美しい絵画〔中編〕|近代ヨーロッパの芸術

近代ヨーロッパの、アーサー王物語の絵画をご紹介。〔中編〕はトリスタンとイゾルデ、シャロットの姫といった「恋愛物語」がテーマです。

【アーサー王伝説】物語を彩る美しい絵画〔前編〕|ヴィクトリア朝の芸術

アーサー王物語を彩る絵画についてご紹介。特に英国ヴィクトリア朝のラファエル前派の作品を中心に載せました。〔前編〕の今回はアーサー王など主要人物を扱っています。

アーサー王伝説記事まとめ|「原典」や解説書などについて

これまでのアーサー王伝説記事のまとめを作りました。「原典」についての記事や、おすすめ本の記事などをリストアップ。

【アーサー王伝説】「原典」となる中世文学のまとめ|私的おすすめ本も

一般にアーサー王伝説の「原典」と呼ばれる中世ヨーロッパ文学についてまとめました。伝説の発展の過程や日本語訳の本についてもご紹介。

『文豪どうかしてる逸話集』が面白い|文豪たちの笑えるエピソード

『文豪どうかしてる逸話集』についてご紹介。夏目漱石や太宰治など、誰もが知る文豪たちの笑えるエピソードが盛りだくさんの楽しい本です。

【アーサー王伝説】原典のひとつ『マビノギオン』|内容を簡単にご紹介

アーサー王伝説関連の書籍に3万円以上を費やしているAuraです。しかしまだまだ買いたい本は尽きません。揃えるのが先か、お金とスペースが無くなるのが先か……!!笑 さて、僕が新たに本棚に加えることにしましたのは、アーサー王物語の一部をその中に含んでい…

アーサー王伝説の事典を比較|『図説アーサー王伝説事典』と『アーサー王神話大事典』

このところアーサー王伝説関連の本を買い漁っているAuraです。しかし、やっぱり価格の高いものが多いんですよね…。なので買う時は厳選したいのですが、一見似たような内容の本だと、どれを選ぶのがいいんだろうと迷ってしまいます。 僕が以前迷ったのは「事…

古代日本における「星」|国政に関わる天文学

古来より、日本人は「星」をどうとらえていたのかについて調べました。大学時代のレポートをゆる~くリサイクルして書いた記事です。

【平安時代を魅力的に描く】マンガ『応天の門』紹介・感想

平安時代(か明治時代)にタイムスリップしたいなぁと常々思っているAuraです。そんな僕が愛読しているマンガ、『応天の門』(おうてんのもん) についてご紹介します! キービジュアル画像です 出典:コミックバンチweb『応天の門』公式サイト 『応天の門』…

【源氏物語のマンガ】『はやげん!』をおすすめしたい!

古典の名作『源氏物語』を一冊で、手軽に楽しめるマンガ『はやげん!』をご紹介。長大な物語の全体像をつかむ入門にうってつけです。そして紫の上のイラストがかわいいです。

文学部ってどんなところ?(日本文学)|思い出とともに語ります

天ぷらを食って団子を飲み込むのも精神的娯楽だと思っているAuraです。おいしいものを食べると、すごく幸せな気分になれますよね。 本記事はこのような方に向けて書きました。 〇文学部(特に日本文学科)に入ろうか考えている方へ 〇文学部の授業がどんなも…

西野カナ|今こそ聴きたい!私的おすすめ曲7選【マイナー曲編】

西野カナの誕生日3/18を「サイヤ人」のゴロで覚えようとして思いとどまったAuraです。さすがにアレだなぁと感じ、頑張って普通に覚えました…笑 西野カナは非常に有名かつ人気のある歌手です。ファンでないという方でも、どこかで彼女の歌を聴いたことがある…

西野カナ|今こそ聴きたい!私的おすすめ曲5選【メジャー曲編】

西野カナのファンのAuraです。2020年6月現在、西野カナは活動休止に入っていますが、いつ聴いても曲の魅力が色あせることはありません。彼女の歌はテレビやお店など、いたるところでBGMとして使われていて、今なおその存在感の大きさを示しています! 今回は…

西野カナは「恋愛ソング」と「失恋ソング」のどちらが多いのか数えてみた

西野カナのファンのAuraです。東にカラオケがあれば行ってたくさん歌い、西にライブがあれば行ってその盛り上がりを共有し、南にMVで使われた聖地があれば行って写真を撮り、北にコラボカフェがあれば楽しいからとつい長居してしまう。そういうファンを 僕は…

竈門炭治郎が「水の呼吸」と「ヒノカミ神楽」のどちらを多く使ったか数えてみた

鬼殺隊に入ったら水の呼吸を使いたいAuraです。え?炭治郎に憧れてるからでしょって??ち、違いますよ!「呼吸適正判別」をやったら水の呼吸になったんです、ほんとです!!笑 参考:『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録』の「呼吸適正判別」 ©2019 吾…

【考察】胡蝶しのぶの原動力「怒り」【鬼滅の刃】

胡蝶しのぶが鬼を倒すため用いていた毒。しかしそれは彼女の原動力「怒り」そのものでした。そんな蟲柱の姿は、炭治郎が辿る未来の可能性のひとつだったかもしれません。

【考察】宇髄天元には「才能がない」??~煉獄さんへの意識~

鬼滅の刃にハマるも、単行本勢なので本誌勢のネタバレを地味に怖れているAuraです。街中で、近くにいた人たちが「最新話でさー…」と派手にネタバレトークをし始めた時は慌ててUターンしてその場から逃げました 笑 音柱・宇髄天元の口癖に影響されてしまいま…

アーサー王伝説・私的おすすめ本②~周辺事情の解説書~

前回、アーサー王物語を読み味わうためのおすすめの本をご紹介しました。今回は、アーサー王伝説の成立や、日本での受容がどのようになされたのかが分かる解説書について取りあげていきます。

アーサー王物語と円卓の騎士について~超・ざっくり解説~

「朝がきた!」と言われたら「アーサーがきた!?」と空耳してしまうAuraです。円卓の騎士が好きすぎてヤバい人になりつつあります。 さて、「円卓の騎士」「アーサー」「ランスロット」「エクスカリバー」などの騎士や武器の名前を、どこかで聞いた覚えがあ…

アーサー王伝説・私的おすすめ本①~原典から読みやすい本まで~

「エクスカリバー」「アーサー王」など、きっとゲームやアニメで聞いたことのある言葉だろうと思います。「アーサー王伝説に興味はあるけど、どの本を読むのがいいんだろう?」という初心者の方のために、私的おすすめの入門書をまとめてみました。読みやす…

ガンダムファンの僕がやらかした話 【好きな機体を語る】

ガンダムオタクのAuraです。ガンダムシリーズが好きなあまり、幼い頃、僕は自転車に乗ると「Aura、出撃する!」と言ってロケットスタートをキメていたものです。 しかしこの純粋なファンだった子どもは、「ガノタ」(ガノタ:良くも悪くも「熱心なガンダムの…

宇髄天元が「派手」「地味」を全部で何回言ったのか数えてみた

派手に自転車でコケて吹っ飛んだことがあるAuraです。その勢いたるや、派手すぎて通行人に心配されたほどです。幸い怪我ひとつありませんでしたが、恥ずかしくて自尊心が地味に傷つきました。 宇髄天元に憧れすぎて口調があからさまになってしまいました 笑 …

「100色折り紙」の色を見分けようとして失敗した話

昔おりがみが好きだったAuraです。何かの形に折るのも楽しいですし、色とりどりの紙を並べて眺めるだけでも満足していました。幼い頃には、紙飛行機やセミ、やっこさん、兜などをよく折っていたものです。なにより、花を折って好きだった子に渡すという微笑…

詩を(ライトに)読む ~『萩原朔太郎詩集』編①~

何かにつけ人目が気になってしまいがちなAuraです。今ここでは何を気にしているのかと言いますと、自分が「詩が好きだ」という話を人にはしづらいということです。趣味で「読書(小説・ラノベなど)が好きだ」という人はあまた見かけますけれども、そこでも…

創作物で活きる古典の文法・表現|よく見るのは「封印されし〇〇」

「封印されし」というフレーズ、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。 他の古典文法もあるともっといいのにな、と個人的に思っています…笑 「輝ける命の奔流…エクスカリバー!」 この「る」の文法、分かりますか?笑

『鬼滅の刃』の英語版1巻を読んだらけっこう楽しめた【英語の勉強?】

鬼滅の刃にハマっているAuraです。ただ原作ではなくアニメから入った新参者で、見た動機は「制作会社がufotableで劇伴が梶浦由記と椎名豪だし、きっと面白いだろう」というなんともアレなものでした。それが今ではこれこの通り、原作マンガを買ってみたり〇…

大河ドラマ オープニングテーマ曲の私的おすすめ~『麒麟がくる』などなど~

毎週日曜夜8時を楽しみにしているAuraです。そう、この時間にはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が放送されているのです。(2020年4月現在) 僕は2003年の『武蔵 MUSASHI』から大河ドラマを視聴していましたが、学業等で忙しくなり、一旦は離れてしまいました。…