書き出したら止まらない

3人で運営するサブカル系雑記ブログです。お気に入りの本や漫画をここで見つけてみてください。

【複数人運営】3人でブログ運営を始めて1か月が経ちました。【もう喧嘩】

 

 

 

あいさつ

どうも、潤と申します。

トフィー(リーダー眼鏡)、潤(イケメン参謀)、Aura(おっとりニート)の3人でブログの運営を始め1か月が経ちました。

主従関係のない複数人でブログ運営なんてそこそこ珍しいと思います。

確実に喧嘩別れが見えている僕たち3人のこれまで、現状、これからをお話しできたらと思います。

 

早速ネタバレしますが誰か1人辞めます。

 

 

嘘です。

 

 

始めたきっかけは?

トフィーが暇だったからです。

暇だったので、トフィーと潤の会話の成り行きでやることになりました。

Auraはその時一緒にラーメン食ってたので、なんかやることになりました。

 

f:id:kaigokanofnobita:20200426210810p:plain

ラーメン(拉麺)【名詞】・・・めちゃくちゃ美味しい食べ物を指す。

ちなみに僕たちは同じ大学の同じ学科の3人組です。

ただ、いっつもこの3人一緒にいたかと言われればそうではありません。

おいおい、お前ら大丈夫か、と。すでにそんなに仲よくなさそうやん、と。

いえ、そこに関しては否定します。

僕たちの絆は卒論を経て、すごく深まったのです。

レポートギリギリ体質の我々3人は卒論提出1か月前にも関わらず全く進んでいませんでした。

そこで結託し、時には図書館で一緒に頑張り、時にはLINEで「〇〇〇文字終わったよ!」と励ましあい、辛い卒論を共に乗り越えたのです。

と、まあ美談にしましたが、真実は違います。

ある一人が「この二人に負けたらさすがにやべえ…」と自然と卒論を頑張る。それを見て他の二人が「おいおい、あのクズにおいてかれるのはさすがにまずいでぇ…」とこっそり追い越す、それを見た1人が「あ!生意気に…!」とまた頑張る、という足を引っ張りあっているようで手を引っ張りあうという奇妙なシステムによって僕たちは卒論を乗り越えました。

ということで、僕たちの絆の深さはマリアナ海溝を凌ぎ、その硬さはダイアモンドを砕き、そのしょうもなさは宇宙より無限大という話でした。

 

 

 

トフィーがリーダーの理由

 

決して押し付けたわけじゃない。決して。

 

引き受けてくれたトフィーに拍手! 

 

f:id:kaigokanofnobita:20200426210142p:plain

ちなみに僕は絶対やりたくないです。

 

役割分担

トフィー

リーダー兼、経理兼、メガネ兼、兄貴兼、雑用係兼、メガネを務めている。

記事作成(40%)を行う。メンバーの提案を巻取り、実行する価値があるのかを見極め、判断する。

運営の大枠を決める。例えば、どの頻度で更新するのか、どういうコンセプトで運営していくのか。

運営に関わる資金なども取りまとめている。よって、アフィリエイト回りもトフィーが管理している。また、SNS運営の運営もトフィーが行っている。

 

一番の切れ者かつイケメンかつ天才かつ色々すごくてめちゃくちゃイケてるお人。

記事作成(25%)を行う。ブログの知識が多少あるので、ブログのデザインやメンテナンスなどを行う。また、ブログ運営に関する提案・手引きをする。例えば、どういうふうにアフィリエイトを活用するのか、アナリティクスなどのツール導入、SEO対策関連、定例会議の議題提案、など。

と、以上の役割を担っている、、、と思い込んでいるだけの人間。その本性は、言いたい放題の立場でトフィーに仕事を振りまくる鬼。

 

Aura

校正担当であり、書記であり、イケボ担当であり、鼻が大きい人枠担当であり、シンプルにニート。

記事作成(35%)を行う。一番鼻が大きく、ポケモンのノズパスを髣髴とさせる。

 ノズパス|ポケモンずかん

 

 

 

  

さて。。。書き出すとよく分かりますね。

  

 

 

トフィーの役割多すぎ(大爆笑)

 

f:id:kaigokanofnobita:20200426210402p:plain

笑いすぎて漏らすメンバーも

 

 

それぞれに役割があれど、基本的には協力精神で課題を乗り越えていきます。

 

 

 

抱いている不満

ブログ更新を始めて約一か月、準備期間を含めると二か月が経ちます。

方向性であったり、仕事量であったりで不満が出てきてもおかしくない頃かなと思い、ガス抜きの意味も込めて、不満はあるのかどうかを聞いてみました。

 

潤「なんか不満とかってある?」

 

トフィー「……………ない…。」

 

Aura「僕からは…何も申し上げません……。」

 

潤「…ああそう。………ないのね。」

 

トフィー「…ない。」

 

Aura「僕からは………何も申し上げません…………。」

 

潤(………え?)

 

潤(…………絶対あるやん。)

 

潤「本当にないのね…?」

 

トフィー「………。ないよ。」

 

潤「いやあるやん。(ないのね、おっけー。)」

 

 どうやら不満があるようです。

 

CASE1.喧嘩

トフィーが口を開きました。そう、満天の星空事件のことについてです。

 

満天の星空事件というものがありました。お前ら早速喧嘩すんなよ、と僕は言いたい。

Auraがトフィーの「満天の星空」という言葉の誤用を指摘し(正しくは満天の星らしい)、トフィーがむくれるという、なんとも20代男性のやりとりとは信じられないほどしょうもない喧嘩でした。お前らそういうしょうもない揉め事は、小学校の理科の実験とかで終わらせといてくれ。もっとブログの方向性とかで喧嘩してくれよ。なんだ言葉の誤用って。

僕もその時のことは覚えています。なんかトフィーがムッとしてんな、そしてAuraがそれに気づき大人しくしてんなとは思ってました。

まあ、Auraの指摘がねちっこかったのか、トフィーのプライドが高かったのかはどっちでもいいんですけれども、会議の通話で闘い始めたのを横から見ている僕は爆笑してました。

特にAuraが、この騒動のすぐあと布団にくるまり「もう僕はトフィーの記事の校正はしないんだ。。。僕は僕にできることをやろうと校正を頑張っているのに、むっとされるなんて。。。僕は、僕はトフィーの記事の校正はもうやらないんだ。。。」と決意したという告白はめちゃくちゃおもろかったです。

 

しかし途中から、卒論の時も同じようなことあったよなという話になり、さらにヒートアップ。物事を深く考えるAuraと楽観的なトフィーの話し合いは1mmも噛み合わず、途中から笑えないレベルにまでなりました。

ただ僕は本当に根っこの部分がどうでもよかったので、パソコンのキーボードの汚れをつまようじでほじくりながら「まあこの件はどっちが悪いとかないからさ…」と二人をなだめました。

その後三人で仲良くスプラトゥーンをやって、とりあえず仲直りはしましたね。仲直りの方法まで小学生かよ…。

 

友人とビジネスをやるとお金回りで揉めて不仲になるということは聞いたことがありますが、言葉の誤用の指摘がきっかけで解散するのは聞いたことがないので、やってみるのも面白くてありっちゃありだなと思いました。

 

おわりに

今後、収益の分配方法や会議の様子なども記事にしていきたいと思います。 一カ月ごとに運営報告という形をとろうかなと思います。

 

次回は、

・Aura、はやくもスランプが来る

・トフィー闇討ちに遭う

・潤、横領

 

の三本でお会いしましょう。よろしくお願いします。

 

そして最後にここで告白します。メンバーは薄々気が付いているでしょうが、わたくし潤、書き出したらめっちゃ止まることが判明しました。このブログのタイトル全否定。締め切りを破りまくっております。というか、このこと言われる覚悟でみんなに不満を聞いたんですよ。どう考えても、誤用よりこっちだろ。

そんな僕は今日も18時の締め切りを破りたいと思います。頑張れ俺!

 

会議の様子を少し書いてます。↓

www.kakidashitaratomaranai.info