書き出したら止まらない

3人で運営するサブカル系雑記ブログです。お気に入りの本や漫画をここで見つけてみてください。

EGOISTの名曲について|マイナーだけど魅力的な曲紹介

どうも、トフィーです。今回はEGOIST布教記事の【後編】です。

前回取りあげた曲がメジャーなものばかりだったので、今回は知られざる名曲を紹介します。

 

www.kakidashitaratomaranai.info

 

 

①『星と翼のパラドクス』

星と翼のパラドクス

星と翼のパラドクス

  • 菅野よう子×chelly (EGOIST)
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

菅野よう子×cherry(EGOIST)による、アーケードゲーム『星と翼のパラドクス』の主題歌。

「会いたい 会いたい」と、真っすぐな想いを歌う曲。これまでのEGOISTの曲とは異なり、非常に王道なタイプの曲なのではないかと感じています。夕方の少年向けアニメのOPにでも使われていそうな軽快さを持った、聴いていて非常に気持ちのいい曲です。

 

②『永遠』 

永遠

永遠

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Fate/Apocrypha第1クール目のop、『英雄 運命の詩』のシングルCDに収録された曲です。

爽やかで、それでいて不思議と泣きたくなるような一曲です。EGOISTの持つ透明感と儚さを非常に感じさせてくれる名曲で、個人的には『英雄 運命の詩』よりもこちらの方が好みでした。

非常に清廉で美しいこの曲は、BGMとしても最適だと思います。ぼく自身、EGOISTの曲の中でも、『永遠』を作業用BGMとしてチョイスしていることが多いです。この曲を流しさえすれば、永遠と作業していられます。嘘です。

 

③『Lovely Icecream Princess Sweetie 』

Lovely Icecream Princess Sweetie

Lovely Icecream Princess Sweetie

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

タイトルが長いためちょくちょく忘れてしまうこの曲ですが、ぼくはこの曲を結構な頻度で聴いています。この曲は、恋に恋をしている、そして恋に翻弄される少女の内面を歌ったもの。素直な気持ちを、明るい曲調で表現しています。

もうね。可愛い。ひたすら可愛い。すごく女子女子してて可愛い。語彙力がなくなるほどに可愛い。(ちょくちょく聴いていたくせに)最近気づいたんですけど、頭文字を取ると『lips』、つまり『唇』になるんですね。

egoistといえば、【前編】で挙げたような曲や、『KABANERI OF IRON FORTRESS』や『名前のない怪物』のようなダークでクールな印象がやはり強いかと思います。

そのためファンでなければあまりイメージがつかないかもしれませんが、egoistはこの曲のように少女チックな歌も歌うんです。『LoveStruck』とか『Ce que j'aime ~inori no kyuuzitu~』なんかがその系統ですね。もしこの曲がいいと思っていただけたなら、他の曲も聴いてみていただけると嬉しいです。

 

④『It’s all about you』

It's all about you

It's all about you

  • EGOIST
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

可愛いはさらに加速する。ついでに語彙力の消失にもギアがかかる。EGOISTはついにデンジャラスビーストと化したのだ。

は? 「あたしの狼が疼く」って可愛すぎかよ。

そして、「りんごりらっぱんつんでれってもいい?」の中毒性がやばい。

ぁぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああ100回くらいリピート再生しちゃうああああああああ‼

……失礼、取り乱しました。終始ギアがかかりっぱなしの曲だ。そして、こうして口調が変えてしまうくらいの危険性も孕んでいる。きっとライブで披露されれば、盛り上がること間違いなしだろう。(早くライブ行きたいな)

 

⑤『Last Song』

Last Song

Last Song

  • ryo (supercell) feat.chelly
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

最後はバラードです。やっぱり、ryo(supercell)との相性も最高ですね。

アニメの最終回に流れていそうな、物語の終わりの寂しさを感じさせるような曲。もしこの曲がアニメで使われていたならば、きっと満天の星の下で語り合うシーンか、あるいは木漏れ日のような温かな日常のシーンなんかで流れていることでしょう。エンディングにぴったりですね。

 

他にもEGOISTの名曲はいろいろあります。『名前のない怪物』や『KABANERI OF THE IRON FORTRESS』なんかはかなり有名な曲ですし、『キミソラキセキ』や『手遅れ』などの曲にもそれぞれEGOISTの魅力がふんだんに積もっています。

もちろん、つい先日にリリースされた新曲も素晴らしいものでした。ぜひ、こちらも聴いてみてくださいな。めっちゃくちゃ深く昏い、そして中毒感のあるEGOISTらしい曲です。

最後の花弁 (The meaning of love)

さて、このあたりで一旦布教は終わりにします。

この記事に目を通してくださった方の本の数パーセントでも構いませんので、EGOISTの曲を1つでも聴いていただけると幸いです。そして、あわよくばEGOISTのファンになっていただければ……。