書き出したら止まらない

3人で運営するサブカル系雑記ブログです。お気に入りの本や漫画をここで見つけてみてください。

読書

ライトノベル新人賞受賞作品の「タイトル変更」についてまとめました

どうもトフィーです。 今回の記事では、ライトノベル新人賞の「タイトル変更」についてまとめました。 読者のニーズ、流行り、検索のしやすさ、目につくかどうか、記憶に残りやすいものかどうか……。色々な考えがあってのことかとは思いますが、受賞時点と刊…

高峰翔『氷の令嬢の溶かし方』1巻|感想・レビュー

……もどかしにました() どうも、トフィーです。もうすぐ10月も終わり、冬もすぐそこにまで迫ってきつつあります。そんな時期ではありますが、今回はまるで雪解けのようにじんわりと胸が温かくなるラノベを紹介したいと思います。 今回取り上げさせていただ…

【ウザかわ後輩ヒロイン】『友達の妹が俺にだけウザい』1巻|感想・レビュー

どうも、トフィーです。 今回紹介するのは、ラブコメ系ライトノベル『友達の妹が俺にだけウザい』です。 表紙のウザかわ後輩ヒロインを含め、何人もの個性的なキャラクターが登場するユニークな作品でした。 友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫) 1.『友達の妹…

『千歳くんはラムネ瓶のなか』1巻感想|リア充ってかっこいい

こんな記事も見られています。 『現実でラブコメできないとだれが決めた?』1巻の感想【ラブだめ】 - 書き出したら止まらない 【アニメ化決定!】二五十『探偵はもう、死んでいる。』1巻の感想 - 書き出したら止まらない 竹町『スパイ教室01 《花園》のリリ…

【アーサー王伝説】「原典」となる中世文学のまとめ②|伝説のサイドストーリー

アーサー王伝説の「原典」とされる中世ヨーロッパ文学についてのまとめ②です。こちらではサイドストーリーとなる作品をご紹介。

『いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら』感想

――お願い、プロの世界に辿り着いて どうも、トフィーです。 今回は、MF文庫Jのライトノベル『いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら』について紹介いたします。 小説家を目指す、一人の少女と二人の少年たちの物語。「(プロ・アマ問わず…

読書感想文を書くのにおすすめの小説まとめ|どうせなら面白い作品で!

どうも、トフィーです。今回は、読書感想文を書くのにおすすめの本を紹介していこうかと思います。 というのも最近『本のタイトル 読書感想文』で検索して、このブログを訪ねてくださる方が非常に増えてきているのです。(ありがとうございます)ですので「…

斜線堂有紀『楽園とは探偵の不在なり』感想・レビュー

二人殺せば地獄に堕ちる! 起こりえない連続殺人事件に挑む探偵の物語 どうも、トフィーです。 今回は、このブログでも何度か取り上げた名作メーカー、斜線堂有紀先生の『楽園とは探偵の不在なり』を読み終えました。本格ミステリーには久々に触れましたが、…

アーサー王伝説記事まとめ|「原典」や解説書などについて

これまでのアーサー王伝説記事のまとめを作りました。「原典」についての記事や、おすすめ本の記事などをリストアップ。

『超高度かわいい諜報戦~とっても奥手な黒姫さん~』感想・レビュー

恋愛×諜報戦、積み重ねられていく勘違い! どうも、トフィーです。100記事が目前まで迫ってきました。 さて、今回紹介するのは方波見咲先生の『超高度かわいい諜報戦~とっても奥手な黒姫さん~』です。なかなかに、声に出して読み上げたくなるタイトルです…

【日常と非日常が混ざり合う!】明利英司『#指令ゲーム』感想・内容紹介

読んだら疑心暗鬼になる。不思議な読書体験をしたい方におすすめのサスペンス小説。 #指令ゲーム (双葉文庫) どうも、トフィーです。今回は明利英司先生の『#指令ゲーム』を読み終えましたので、感想を書かせていただきます。リアル脱出ゲーム風味の、サスペ…

斜線堂有紀『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』|感想・レビュー

感情の証明は、はたして可能なのだろうか? どうも、トフィーです。今回は斜線堂有紀先生の小説『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』について紹介していきます。 「金塊病」という架空の病気を患う女子大生と、彼女に惹かれてしまった少年の物語です。…

【アーサー王伝説】「原典」となる中世文学のまとめ①|私的おすすめ本も

一般にアーサー王伝説の「原典」と呼ばれる中世ヨーロッパ文学についてまとめました。伝説の発展の過程や日本語訳の本についてもご紹介。

竹町『スパイ教室01 《花園》のリリィ』感想・レビュー

新感覚の「スパイ×教官もの」 どうも、トフィーです。今回は『スパイ教室01 《花園》のリリィ』について紹介していきます。第32回ファンタジア大賞に選ばれた作品です。 豪華キャストを起用したpvの作成や、雑誌の表紙を飾るなど、今ファンタジア文庫が猛プ…

『文豪どうかしてる逸話集』が面白い|文豪たちの笑えるエピソード

『文豪どうかしてる逸話集』についてご紹介。夏目漱石や太宰治など、誰もが知る文豪たちの笑えるエピソードが盛りだくさんの楽しい本です。

『マツリカ・マジョルカ』|感想・レビュー【マツリカシリーズ】

女王様系ヒロインはお好きですか? どうも、トフィーです。今回は『マツリカ・マジョルカ』について、紹介していきます。 この小説はこんな方にオススメです。・ちょっと変わったライトミステリーを読みたい方・「女王様」気質なヒロインが好きな方・サクッ…

【アーサー王伝説】原典のひとつ『マビノギオン』|内容を簡単にご紹介

アーサー王伝説関連の書籍に3万円以上を費やしているAuraです。しかしまだまだ買いたい本は尽きません。揃えるのが先か、お金とスペースが無くなるのが先か……!!笑 さて、僕が新たに本棚に加えることにしましたのは、アーサー王物語の一部をその中に含んでい…

読書をする時におすすめの付箋|cocofusen

みなさんは読書中に付箋を使いますか? どうもトフィーです。この記事では読書におすすめの付箋、『cocofusen』を紹介していきます。 ココフセン BOOKMARK モスグリーンS ぼくが読書中に付箋を使う理由 読書をする際には『cocofusen』が超便利! cocofusenの…

本屋大賞『流浪の月』感想・レビュー|読書感想文にもおすすめの内容

偏見と憶測について突き詰めていく傑作 どうもトフィーです。今回の記事では、凪良ゆう先生の『流浪の月』についての感想を語っていこうと思います。2020年の本屋大賞を受賞した作品で、文句なしの傑作でした。 流浪の月 1.あらすじ 2.本屋大賞『流浪の月』…

アーサー王伝説の事典を比較|『図説アーサー王伝説事典』と『アーサー王神話大事典』

このところアーサー王伝説関連の本を買い漁っているAuraです。しかし、やっぱり価格の高いものが多いんですよね…。なので買う時は厳選したいのですが、一見似たような内容の本だと、どれを選ぶのがいいんだろうと迷ってしまいます。 僕が以前迷ったのは「事…

零真似『君はヒト、僕は死者。世界はときどきひっくり返る』感想

映像映えしそうな、異種界恋愛物語 どうも、トフィーです。今日もまたガガガ文庫のライトノベルから一冊紹介していきます。最近手に取るラノベが、青い背表紙の作品ばかりになってきていますが、安定して面白いものが多いからしょうがないのです。 さて、今…

【記憶のロールバック】八目迷『きのうの春で、君を待つ』感想

こんな記事も見られています。 【夏に読みたい小説】八目迷『夏へのトンネル、さよならの出口』感想・レビュー - 書き出したら止まらない 『このラノ 2021』文庫部門とガガガ文庫のラブコメムーブ - 書き出したら止まらない 『千歳くんはラムネ瓶のなか』1巻…

【敵は名探偵】小林一星『シュレディンガーの猫探し』感想・レビュー

どうも、トフィーです。今回も前回と同じくガガガ文庫から一冊紹介していきたいと思います。レビューするのは小林一星先生の『シュレディンガーの猫探し』。ガガガ文庫の新人賞作品です。 ジャンルとしてはミステリーですが、普通のそれとは毛色が違います。…

ライトノベル・キャラ文芸レビューまとめ|面白い小説を紹介

ライトノベル・ライト文芸のレビュー記事が増えてきたこともあり、今までのものをまとめました。またこれから新しくレビューするたびに、こちらも更新していく予定です。

犬君雀『サンタクロースを殺した。そして、キスをした。』感想と評価

『サンタクロースを殺した。そしてキスをした。』哀しくてむなしい退廃的な物語です。若干ファンタジーチックではありますが、あまりライトノベルらしくない作品でした。ぜひ一度手に取っていただきたい名作です。

文学部ってどんなところ?(日本文学)|思い出とともに語ります

天ぷらを食って団子を飲み込むのも精神的娯楽だと思っているAuraです。おいしいものを食べると、すごく幸せな気分になれますよね。 本記事はこのような方に向けて書きました。 〇文学部(特に日本文学科)に入ろうか考えている方へ 〇文学部の授業がどんなも…

中村文則の小説に惹かれる理由がやっとわかった|『土の中の子供』

どうもトフィーです。今日は中村文則の作品の持つ引力について話していこうと思います。その過程で先生の代表作『土の中の子供』についても紹介していきますので、気になった方はぜひ手に取ってみてください。 1.基本的に暗い作風の中村文則の作品 2.『土の…

佐野徹夜『さよなら世界の終わり』レビュー|評価が難しい憂鬱な物語

今回紹介する小説は佐野徹夜先生の『さよなら世界の終わり』です。 誤解を恐れずに言うのであれば、読み手によって大きく評価が分かれる変化球的な内容かと思います。 自分が追い込まれた状況にあるほど、心に響く作品でしょうから。

文学部に入ろうか悩んでいる方に向けてギャップを語ります

恥しかない生涯を送って来ました。この記事はこのような方に向けて書いています。 ・文学部(国文学科)に入ろうか悩んでいる方へ・学部が決まらないから適当に選んでしまおうと投げやりになっている方へ・小説を書きたい方へ どうも、トフィーです。今回は…

【夏に読みたい小説】八目迷『夏へのトンネル、さよならの出口』感想・レビュー

「青春小説」として求められるもののほとんどが、この小説の中にはあるのではないでしょうか。ページをめくるたびに「まだまだ終わって欲しくない」と思ってしまったほどの傑作です。読後感の良い小説でした。